調理師に告ぐ

dekajake.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 07日

今日もかける時間があるぞ。

当店の現状。

毎日の仕込みに追われ、前に進むということが何もできていない状態。
それでも少しでも完成度の高い店にしていくために、一つ一つクリアにしていこう。

昨日も書いたが、メニューの貧弱さがもっとも痛いところであったので、貧弱さは変わらないが、ただのクリアファイルから、ノート型(見積もりなどでよく使われそうなもの)に変更した。

今後として、デザインを担当してくれている方に、メニュー作成はお願いしているので、こっちはメニューに対するコメントを考えて送ればいいのだ。

そして大問題なのが、トイレの悪臭とコバエだ。
昨日は定休日だったので、便器と床の間をコーキングし、出てくるところをなくした。

これで完璧のはずだったのだが、なんと一時間も見ない間に10数匹のコバエがトイレに集まっている。!!!!

なぜだ?

もしかして、私は出口をふさいでしまったのだろうか?

仕方なく殺虫スプレーでその10数匹は殺した。
しかし、問題は解決していない。
まだコバエはとんでいるのである。

すぐに前回チョウバエの時にお世話になった業者にTEL。
コバエはどのような場所で増えるのかを聞く。

すると浄化槽では無い可能性が高いとのこと。
これは非常に参考になった。

私は絶対チョウバエ同様、浄化槽内での繁殖とにらんでいたのだ。

では浄化槽ではないということはどこで繁殖しているのか?
ゴミ箱や、水が腐ったところ・・・
との答え。

むむ。しばし考察。

当店には2箇所、水が腐る可能性がある場所がある。
ひとつはトイレの流しの裏。
ここは手を洗うとき、設計のミスか何かで、洗面台が水浸しになってしまう。
そしてその水は、洗面台の裏に、流れていってるようなのだ。
ここで、水が腐って、コバエが繁殖している可能性が高い。

もう一箇所。大きな備え付け方の冷房があるのだが、この冷房の排水がどこにいっているのかがわからない。
ドアをはずし、いちかばちかで裏の方を見てみた。
若干、土が湿っている感じがする。
あそこら辺にも問題があるのかも知れない。

まず第一の行動は、成虫駆除のため、
1、バルサンをする。
2、昆虫誘引ライトを購入し、なるべくそこに行くようにする。
3、誘引ライトがひとつで足りない場合はもう一台購入。
4、バポナシート(つるしているだけで回りにいる虫が死ぬシート)を店の裏側につるす。
上記を実行する。

ちなみにトイレの悪臭はコーキングの効果でしなくなった。
虫がいなくなればやっとプラスマイナス0になる。
(店の空間として)
後はプラスにするだけだ。


やっぱり日記を書くと前に進んでる感じするね。
ガンバルンバ。
[PR]

by dekajake | 2004-07-07 19:12


<< ぎゃふん      久しぶり!! >>