調理師に告ぐ

dekajake.exblog.jp
ブログトップ

2005年 02月 09日 ( 1 )


2005年 02月 09日

弱い

弱いですね。やっぱり。

2月はきついって本当だったんだ。
でもね、入っているところは入っているんだよね。

これは結果だから。
今の状況は何ヶ月か前の結果だから。

もし自分が今の結果に満足してないのだとしたら、過去の自分に反省すべきだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

経営方針の違い。

先日近くの居酒屋のマスターが来店したので、お話をした。
自分とのまったく違う経営感を持っていてちょっとびっくり。

だいたい経営者なんて同じこと考えてんだろう。なんて思ってたら大間違いでした。

「自分の店が暇なときに外をうろうろして他人の店を観察する」

なんていう芸当は私にはできないし、したくない。

人それぞれだが、私の場合、自分の作りたい店を作ろうと努力する。他の店が何をやっているのかなんてあまり興味がない。
もちろん新しい店ができた場合に偵察に行くことはあるが、それは上記の「人の出入りを観察する」とはニュアンスがちょっと違うように思う。

どこそこは入っていた。どこそこはがらがらだった。
どこそこでは中まで入ってみてきたと、小鼻を膨らませておっしゃられても、私にはあまり興味のないことです。

基礎になっている方針は何なのか?
そこから一直線に自分の向かう目標へのラインがないと、無駄だし、だいたい個人的にあまりそういう店は好きじゃない。

お金を稼がなきゃというけど、お金を稼ぐのが最優先では確実にその店は衰退する気がします。そこに標準をあわせてはいけない。
(あわせないといけないともいえるが、お店を作るという上での話し)

もちろんあわせたい人はあわせればいいし、その店の衰退なんて、私の眼中にはないが、やばくなってきたからって、どうしたらいいかを遠まわしに聞くのはやめていただきたい。
また、来るたびにメニューややっていることを盗んでいくのもどんなものかと・・・・

センスっていうのはそれぞれだし、いろいろ考えて自分で作り出していくのが面白みなんだが・・・

何度か教えて差し上げたが、「螺旋の努力」の意味がつかめない様子。

難しくないんだけどねぇ。

でもそれがわからないで経営なんてありえるの?
[PR]

by dekajake | 2005-02-09 01:27